大学に偏差値は大きく関係するけど大学院に偏差値って関係あるの?

大学院は何を基準にして選べば良いのか?

大学院は何を基準にして選べば良いのか?

大学院に進学するときに、基準を知っていることは非常に重要です。大学院によって、難易度は当然変わりますし、得意としている分野も変わります。もちろんここで言う基準とは、難易度のことだけではなく、得意としている分野や、主に研究されている学派がどのようなものか、といったことも含んでいます。大学院に進学するときに、どこでも良いという考え方では、進学後の時間を無意味に過ごしてしまいます。自分で、基準についてのリサーチをしておくことが重要です。
国家資格の人気ランキングは資格広場

他の大学から他の大学の大学院に進学する方法

他の大学から他の大学の大学院に進学する方法

他の大学から他の大学の大学院に進学することは普通に行われています。専攻したい科目や、進めたい研究の指導教授が大学によって限られてくるからです。大学から同じ大学の大学院へ進学するのが多数派とはいえ、自分の行いたい研究について進んだ知識、ノウハウを持っている大学の大学院へ進学することは一般的になりつつあります。それだけ、学風がオープンになってきている上に、大学全体として横断的に研究者を育てるという意図もあるのです。

学歴ロンダリングとは?

学歴ロンダリングとは?

レベルの高い大学院に進学し、学歴ロンダリングをするのは必ずしも無駄ではありません。大学と同じ学部に進学し、修士課程で素晴らしい研究結果を残していれば、評価されるでしょう。明らかに学歴ロンダリングをするために、レベルの高い大学院に進学したというケースであっても、そのチャレンジ精神が高く認められるということもあります。ですので、学歴ロンダリングという手段をとるのは、一概に無駄というワケではないでしょう。

スーパーグローバル大学って一体何?

スーパーグローバル大学って一体何?

スーパーグローバル大学とは、日本国外の大学と交流・連携するなど、徹底的な国際化を進めて、世界トップレベルの教育を行う大学を重点的に支援するための事業です。グローバルに活躍できる優秀な人材を育成し、国際競争力を強化することを目的としています。2014年に文部科学省が創設しました。トップ型とグローバル化牽引型の2種類があります。トップ型は、世界ランキングトップ100を目指せる大学として13校、グローバル化牽引型は、新たな取り組みで日本のグローバル化を牽引する大学として24校が指定されています。

大学院の種類

大学院の種類

大学院への進学を検討する際、まず気になる疑問といえば、どんな種類があり、どこに進学すべきかということでしょう。大きく分けると、専門分野の研究を深める一般の大学院と、専門職大学院の2種類があります。専門分野の研究を深めたいのなら前者を、専門的な職業の実務能力を習得したいなら、後者を選ぶと良いでしょう。後者には法律、会計、経営、教育、臨床心理、公衆衛生、公共政策、知的財産、ITなど様々な分野があり、興味のある分野のプロを目指せます。