国際化を進めるために創設されたスーパーグローバル大学とは?

スーパーグローバル大学ってどんな大学?

スーパーグローバル大学ってどんな大学?

スーパーグローバル大学は、2014年に文部科学省が大学の国際競争力を高める目的で創設した制度です。

この制度の適用となった大学は、2014年度から2023年度までの10年間に1大学当たり最高でおよそ4億2千万円の補助金を毎年もらうことができます。

日本国内における大学の国際化をサポートし、国際社会に通じる優秀な人材を育成することを目指しています。

この制度には「トップ型」と「グローバル化牽引型」の2種類があります。

トップ型は、海外から有能な教員を獲得することによって世界大学ランキングで100位以内を目指すことを目的に補助金を支給します。

東京大学など全国で13校が選ばれ、約4億2千万円が支給されています。もう一つのグローバル牽引型では、名前の通り日本のグローバル化を牽引する存在になるように補助金を支給します。

こちらは24の大学が適用され、約1億7千万円が毎年支給されています。

スーパーグローバル大学の平均的な偏差値は?

スーパーグローバル大学の平均的な偏差値は?

スーパーグローバル大学とは、文部科学省が2014年に指定した37校の大学群の事です。国際競争力を高める等の目的で2種類の指定を行っており、補助金交付額の大幅な引き上げ等が実施されています。

指定された大学にはもともと名門・高偏差値の大学が多い上に、研究特化型の大学も含まれています。

指定に伴って授業内容の充実等が見込める事から、全般に受験に対する人気上昇も見られています。

故に、平均的に受験難易度の高い大学が揃っています。

スーパーグローバル大学を一括平均した偏差値等の発表データはありませんが、年度毎の入試動向の推移・学部毎の差異等まで加味しても、平均偏差値は65を見据えるほどの高さにはなっていると容易に推察出来ます。

スーパーグローバル大学の偏差値1位はどの大学?

スーパーグローバル大学の偏差値1位はどの大学?

文部科学省が国際競争力の向上等を目的とし、37の大学群を指定したものがスーパーグローバル大学です。

その中で偏差値1位となっているのは、もともと最高偏差値レベルで受験エリートが集う傾向のある、東京大学です。

私立や国立の違いがあるとは言え、受験科目の多さ・様々な学部が設置されているという事情もあり、その地位に揺るぎはありません。

指定を受けた事によって認知度の上昇・受験生の増加による偏差値上昇が見られた大学・学部もあり、もし東京大学が指定を受けていなければ大きく事情が変わったのかもしれません。

ですがもともと偏差値1位の東京大学も恩恵を受ける事となった訳ですから、当該する大学群に限った偏差値序列においても、抜かれるという事情は考え難い事になります。